読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲンシツウ─あざろぐ。

作家のひえらるきぃの底にぶらーんしてる、『aza/あざ(筒示明日香)』のブログ。

8月6日エブリスタにコンテスト参加短編

 
えーと。実は当初の予定とは別の話を本日は。

estar.jp

実はコレ、例の、仄暗い部屋の片隅からってヤツです。

アレの改変をupしました。うん。大元は落ちたので←

せっかくだから出そう、ついでに良い感じだから参加しようって。

や、もう仕様が無いよ。読み返したけど、くっらいモン。暗い。昏い。

多分募集元は旅立ち=明るい、成長とか想定していたはずだもん。

うん、まぁコレはねぇー。

今回は昏くても良い気がしたので投げました。一応恋愛ジャンル。うわ、嘘臭い←

コレも読者投票在るようなので、気に入っていただけたらしていただけるとよろこびます。

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第29回 「おかえり」というセリフを使って書こう - エブリスタ - 無料コミック・小説投稿サイト

 


次回作が前回も言っていた話です。SF。

暴露すると、コレも半分くらいリメイクだったりします。

て言うのも、クロライドに没む用だったの。アクアラボと同時に募集されていた。

ただ当時は一作が限界でね。

今回、いろいろ設定いじってお目見えとなります。

問題は予想外に長くなりそうな、この状態。はい、がんばりますよ。



あと、引き続きストリエさんのほうも、読者投票開催中です。

storie.jp

storie.jp

ストーリーコンテスト『ループ』参加、短期連載完結。Meter balance of a tragicomedy.────悲喜劇のバランスを計りなさい。リセットループ物。

storie.jp

ストーリーコンテスト『海』に参加中。深海の研究施設で深海生物の観察が仕事の『僕』。海が好きだけれど、近い内地上へ上がらなくてはならなくて────人類絶滅し掛けの模様。



では、次はメルマガ書いて、執筆に戻りたいと思います。

 

 

 

アクアラボ循環少年 (KCG文庫)

アクアラボ循環少年 (KCG文庫)

 

From深海定期報告携帯はこちら)を収録。出版社の書籍情報はこちら。現在好評発売中!続々購入報告ありがとうございます。現在Amazonの在庫切れ復活したようです。

ヤンデレストーカーの完結世界
ストリエ、セカイ系ストーリーコンテスト「君が壊すセカイ。」にて、ストリエ賞をいただきました。結果詳細。世界の終わりに、残されたのは俺とストーカー、ストーカーのまともな妹とそのストーカー。一応SF。

Garble mail
『超・妄想コンテスト第12回withまぐまぐ!』で、優秀作品に選ばれました!結果詳細。舞台は未来。『ドール』の執事、サリュに数年後の自分から文字化けしたメールが、毎年同じ日付同じ時刻に届くように。送信日時は、やがて刻一刻と現実に近付いて────私の悔恨だけが『真実』だ。

F l a t_フラット
第2回お仕事小説コンテスト参加中。子を作るのが絶対の世界で、子を孕むのを拒否した女性と、死者の代わりに生きた青年は出会った────SFロマンス。

rail─レール─
京急グループ小説コンテスト参加中。由海子は毎年夏になると、京急本線で横浜から横須賀中央まで乗って、三笠公園へ訪れていた。娘と夫がいないときも、ひとりで。戦艦『三笠』に行くために。由海子が祖母と、よく来ていたから。母と娘の続く繋がり。

メーターバランス
ストリエストーリーコンテスト『ループ』参加、短期連載完結。どうクリアしても初日に戻る状況に、『僕』は……。悲喜劇のメーターバランス、Meter balance of a tragicomedy.────悲喜劇のバランスを計りなさい。リセットループ物。

バウンダリー・イン・ア・ディープ・シー
ストリエストーリーコンテスト『海』参加中。 深海の研究施設で深海生物の観察が仕事の『僕』。海が好きだけれど、近い内地上へ上がらなくてはならなくて────人類絶滅し掛けの模様。BLっぽいところもございますがそもそも性別が曖昧な世界設定なのでBLとも言えない……。僕っ娘ぽく見えなくも無い。そんな話。

oneself
『三行から参加できる 超・妄想コンテスト 「おかえり」というセリフを使って書こう』参加作。 彼と自分との関係は、未来の無い不毛なモノだと悩んだ主人公は家を出て、新たな部屋へ移り住む。一方的な別れを告げて。近所の物音さえ遠い静寂の中で、ひとり耐える。ちょっといろいろ匂わせている感は在ります。わざと一人称暈していたり。とにかく昏いです。

あおの、そら。─Limited blue.─
スターツ出版文庫大賞参加中。薄っぺらな青い空の下、絡まる夢と現実の狭間で戦禍に蝕まれつつも、少年少女は精一杯生きた。架空戦時軍事学校の青春談。