読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲンシツウ─あざろぐ。

作家のひえらるきぃの底にぶらーんしてる、『aza/あざ(筒示明日香)』のブログ。

仄暗い部屋の片隅から

 
絶望か自由か孤独か。
ひとりでいるとは、どう言うことか。



てことで、結局当初の予定に戻った感。

一応、主人公は自ら一人を選択した人間。不毛な関係の恋人に、殺されそうで逃げました。

自分が吐露しなければ良かった関係から、逃げました。

殺されそうって言うけど、恋人が殺すって言うか。

恋人の、やさしさで死にそうで。

ひとりで生きると決めました。捜さないでください、みたいな。

やさしさの圧迫や将来からの恐怖観念より、無音の圧力に圧殺されたほうがマシ、みたいな。

それでも、周囲には人がいて、隣人は大学の同級生で。

生きる上で人との関わりは棄てられないんだけど。

だけども、やっぱりひとりだ、みたいなね。



昏っ

他人に理解してもらおうとしなければ当然ひとりなんだけどよ、どうしたって個人の理解に限界って在ると思うのよ。

神経が通ってないから無神経なんだと言ってるじゃないですか。Flatで。無神経なら痛まんのよ。神経無いんだから。

それが致命傷になることもわからんでな。

とは言っても人間は承認欲求凄いしな。でなくたって誰かいないと死ぬしな。

物買うのだってご飯食べるのだって服着るのだって住むのだって、実は他人がいないと出来ないからな。仕事も然り。

……やめようか。うん。



JG二次書いていたころから考えていたんですよ。守護天使三好くん考えていたころから。

www.pixiv.net

コレ考えていたころからな。

あ、だからギャグに突き抜けなかったのか?いや、違うな。業だな←



取り敢えず、昏くなりつつ書いています。

終わったら次ホラーなんですけど。莫迦なんじゃないでしょうか。莫迦なんでしょうね。

ホラーと言えば「貞子vs伽椰子」が話題ですね。

アレ、もうホラーって言うより個人的に怪獣大決戦と同じ匂いを感じる。



では気張って行きます。はい。

仄暗い部屋の片隅から(ここで記事タイトル回収)

 

 

 

アクアラボ循環少年 (KCG文庫)

アクアラボ循環少年 (KCG文庫)

 

From深海定期報告携帯はこちら)を収録。出版社の書籍情報はこちら。現在好評発売中!続々購入報告ありがとうございます。現在Amazonの在庫切れ復活したようです。【在庫残り1点です】

ヤンデレストーカーの完結世界
ストリエ、セカイ系ストーリーコンテスト「君が壊すセカイ。」にて、ストリエ賞をいただきました。結果詳細。世界の終わりに、残されたのは俺とストーカー、ストーカーのまともな妹とそのストーカー。一応SF。

Garble mail
『超・妄想コンテスト第12回withまぐまぐ!』で、優秀作品に選ばれました!結果詳細。舞台は未来。『ドール』の執事、サリュに数年後の自分から文字化けしたメールが、毎年同じ日付同じ時刻に届くように。送信日時は、やがて刻一刻と現実に近付いて────私の悔恨だけが『真実』だ。

F l a t_フラット
第2回お仕事小説コンテスト参加中。子を作るのが絶対の世界で、子を孕むのを拒否した女性と、死者の代わりに生きた青年は出会った────SFロマンス。

rail─レール─
京急グループ小説コンテスト参加中。由海子は毎年夏になると、京急本線で横浜から横須賀中央まで乗って、三笠公園へ訪れていた。娘と夫がいないときも、ひとりで。戦艦『三笠』に行くために。由海子が祖母と、よく来ていたから。母と娘の続く繋がり。

あおの、そら。─Limited blue.─
スターツ出版文庫大賞参加中。薄っぺらな青い空の下、絡まる夢と現実の狭間で戦禍に蝕まれつつも、少年少女は精一杯生きた。架空戦時軍事学校の青春談。