読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲンシツウ─あざろぐ。

作家のひえらるきぃの底にぶらーんしてる、『aza/あざ(筒示明日香)』のブログ。

9月3日生存報告

 
どうも、あざです。

病院行ったんですけども……何か原因不明になっております。白血球は無事だからねーって。腰も無事っぽいしねぇ、と。

でも未だに滅っ茶痛いです。泣くぞこの野郎。



で、現在は久々のイベントに向けて、企画書とサンプル用の千文字掌編執筆中です。

そう、コレ

akibap.com

第二回です。今回は緩く行こうと思いまして。体調もアレなのでね。

企画書はホラー1作と異形人魚録と、Court Rhapsody.持って行きます。何で他押し退けてCourt Rhapsodyかって思われるかもですが、てのも、さんがいらっしゃるのですよ!

やぁったね!

それで、櫻さんからターンバックとシルクの資料画像描いてくださるとのことなので、私は企画書をこさえるのです。

つっても、企画書の中身はこんなモンですが。

このツイートのあと、短編だとサンプルとして長いって気付いて今書いているって言うね。丁度の長さのは、みんなちょい古いし。

こんな訳で、しばらく執筆は休止。いつもなら同時進行でやるんだけど元気が無いので。

もyomyom短編用もこの辺が終わるまでお休み。てかyom短用を先にしないと間に合わないかもなぁ。

あ!さんもいらっしゃいますよ!こちらは相変わらずお忙しそうで、心配です(自分棚上げ)



それから、オンラインではストリエさんで8月のコンテストに参加しておりますが、現在読者投票行っております。

storie.jp

私は今回ホラーのみ参加です。

参加作はこちら。

storie.jp

おっさんと怨霊少女のお話。残酷描写在り。



……さて。私は企画書諸々を作らねばなんですけれど。

明日買い出しに行かねばならず。あとお迎えも在るのです。

コレ。 

鉄腕アダム 1 (ジャンプコミックス)

鉄腕アダム 1 (ジャンプコミックス)

 

 感情豊かなAIヒーローvs謎の地球外生命体通称『蝶』との戦いと、周囲の人間の思惑絡む複雑な環境。ジャンプ+で連載中ですよー。

1話読んですぐファンになった。いやー、好き←



明日買い出しついでに、ブクオフで目を通さなくなってしまった本売って来たいなぁ……や、早く帰って作業しよう。

 

 

 

アクアラボ循環少年 (KCG文庫)

アクアラボ循環少年 (KCG文庫)

 

From深海定期報告携帯はこちら)を収録。出版社の書籍情報はこちら。現在好評発売中!続々購入報告ありがとうございます。現在Amazonの在庫切れ復活したようです。

ヤンデレストーカーの完結世界
ストリエ、セカイ系ストーリーコンテスト「君が壊すセカイ。」にて、ストリエ賞をいただきました。結果詳細。世界の終わりに、残されたのは俺とストーカー、ストーカーのまともな妹とそのストーカー。一応SF。

Garble mail
『超・妄想コンテスト第12回withまぐまぐ!』で、優秀作品に選ばれました!結果詳細。舞台は未来。『ドール』の執事、サリュに数年後の自分から文字化けしたメールが、毎年同じ日付同じ時刻に届くように。送信日時は、やがて刻一刻と現実に近付いて────私の悔恨だけが『真実』だ。

F l a t_フラット
第2回お仕事小説コンテスト参加中。子を作るのが絶対の世界で、子を孕むのを拒否した女性と、死者の代わりに生きた青年は出会った────SFロマンス。

oneself
『三行から参加できる 超・妄想コンテスト 「おかえり」というセリフを使って書こう』参加作。彼と自分との関係は、未来の無い不毛なモノだと悩んだ主人公は家を出て、新たな部屋へ移り住む。一方的な別れを告げて。近所の物音さえ遠い静寂の中で、ひとり耐える。ちょっといろいろ匂わせている感は在ります。わざと一人称暈していたり。とにかく昏いです。

アリッド
『三行から参加できる 超・妄想コンテスト 「おかえり」というセリフを使って書こう』参加作。「おかえり、マスター」……アリッドは、運用を見送られたAIだった。マスターが気ままに容量を増やすので、ネット回線を使ってもどこにも行けず、ただひたすら、マスターの帰りを待つだけの毎日だった。あの日までは。無機物→メカ娘のシリアスSF。Flatと同じ世界。

メリーバッドホラー
ストーリーコンテスト『ホラー』参加。相対する男と少女。男は可愛い姪のため身代わりになり、少女は今男を殺さんとしていた。けれど、男は少女を憎めないでいて……。残酷描写在り。ご注意ください。コンセプトは“幽霊だって救われたって良いじゃない”でした←

あおの、そら。─Limited blue.─
スターツ出版文庫大賞参加中。薄っぺらな青い空の下、絡まる夢と現実の狭間で戦禍に蝕まれつつも、少年少女は精一杯生きた。架空戦時軍事学校の青春談。