読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲンシツウ─あざろぐ。

作家のひえらるきぃの底にぶらーんしてる、『aza/あざ(筒示明日香)』のブログ。

此花機譚連載開始

作業

 
とうとう始動です。機械vs植物ロミジュリ改め

此花

ストリエ版

storie.jp

storie.jp

storie.jp

ベリーズカフェ版

www.berrys-cafe.jp

 ヒトが絶滅し、機械と動植物が争う世界。機械側の生物学者のエルゴは、植物側の女王になれる姫株の一つである少女を研究、管理していた。眠れる中、夢を見ては彩取り取りの花を咲かす少女に、エルゴは生命を感じつつ一つの思いを抱くようになる。

“いつか、共存出来はしないか”と。



そこはかとない、長編の予感……!←

個人的には6万文字で終わらせたい。でも、今後の展開がそうも行かないかもしれない。

機械側はヒトの遺した文明を学習欲から解析して、模倣し理解することを目的に生活している。

動植物側は、ヒトの残した文明には目もくれず(と言うか基本興味は無くて利用出来たら使うだけで)暮らしている。

機械側は知的探究心からヒトの文明を解明することしか興味が無く、正直動植物なんかどうでも良くて。攻撃して来るから退けてるに過ぎず。

動植物側は過去のトラウマとか、諸々の複雑な感情から機械を見ると強迫観念に駆られ反射的に攻撃する。

で、エルゴは仲良くしたい。姫株の少女とも話してみたい、とか考えていて。

この辺の事情を絡めて日常とか書きたいので……。

……うん、何かもうアレだ!ごめん長いわ!←



で、久々のベリーズカフェですね。

他が鍵付きである以上あおそらだけじゃほら、心許無いですし。

書籍化希望ボタンも在るのですよ。ベリカ会員様はポチってくださるのも在りです(その前に6万文字以上書けよ)



さて。次はストリエのストーリーコンテスト8月用ですね。

テーマ『天才』とテーマ『ホラー』。

天才はもう決まっているんですけどホラーが迷い中。

予定としては22日と25日、もしくは31日くらいかな?

がんばります。

 

 

 

アクアラボ循環少年 (KCG文庫)

アクアラボ循環少年 (KCG文庫)

 

From深海定期報告携帯はこちら)を収録。出版社の書籍情報はこちら。現在好評発売中!続々購入報告ありがとうございます。現在Amazonの在庫切れ復活したようです。

ヤンデレストーカーの完結世界
ストリエ、セカイ系ストーリーコンテスト「君が壊すセカイ。」にて、ストリエ賞をいただきました。結果詳細。世界の終わりに、残されたのは俺とストーカー、ストーカーのまともな妹とそのストーカー。一応SF。

Garble mail
『超・妄想コンテスト第12回withまぐまぐ!』で、優秀作品に選ばれました!結果詳細。舞台は未来。『ドール』の執事、サリュに数年後の自分から文字化けしたメールが、毎年同じ日付同じ時刻に届くように。送信日時は、やがて刻一刻と現実に近付いて────私の悔恨だけが『真実』だ。

F l a t_フラット
第2回お仕事小説コンテスト参加中。子を作るのが絶対の世界で、子を孕むのを拒否した女性と、死者の代わりに生きた青年は出会った────SFロマンス。

rail─レール─
京急グループ小説コンテスト参加中。由海子は毎年夏になると、京急本線で横浜から横須賀中央まで乗って、三笠公園へ訪れていた。娘と夫がいないときも、ひとりで。戦艦『三笠』に行くために。由海子が祖母と、よく来ていたから。母と娘の続く繋がり。

メーターバランス
ストリエストーリーコンテスト『ループ』参加、短期連載完結。どうクリアしても初日に戻る状況に、『僕』は……。悲喜劇のメーターバランス、Meter balance of a tragicomedy.────悲喜劇のバランスを計りなさい。リセットループ物。

バウンダリー・イン・ア・ディープ・シー
ストリエストーリーコンテスト『海』参加中。深海の研究施設で深海生物の観察が仕事の『僕』。海が好きだけれど、近い内地上へ上がらなくてはならなくて────人類絶滅し掛けの模様。BLっぽいところもございますがそもそも性別が曖昧な世界設定なのでBLとも言えない……。僕っ娘ぽく見えなくも無い。そんな話。何気にFrom深海定期報告ともリンクしている。

oneself
『三行から参加できる 超・妄想コンテスト 「おかえり」というセリフを使って書こう』参加作。彼と自分との関係は、未来の無い不毛なモノだと悩んだ主人公は家を出て、新たな部屋へ移り住む。一方的な別れを告げて。近所の物音さえ遠い静寂の中で、ひとり耐える。ちょっといろいろ匂わせている感は在ります。わざと一人称暈していたり。とにかく昏いです。

アリッド
『三行から参加できる 超・妄想コンテスト 「おかえり」というセリフを使って書こう』参加作。「おかえり、マスター」……アリッドは、運用を見送られたAIだった。マスターが気ままに容量を増やすので、ネット回線を使ってもどこにも行けず、ただひたすら、マスターの帰りを待つだけの毎日だった。あの日までは。無機物→メカ娘のシリアスSF。Flatと同じ世界。

あおの、そら。─Limited blue.─
スターツ出版文庫大賞参加中。薄っぺらな青い空の下、絡まる夢と現実の狭間で戦禍に蝕まれつつも、少年少女は精一杯生きた。架空戦時軍事学校の青春談。