読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲンシツウ─あざろぐ。

作家のひえらるきぃの底にぶらーんしてる、『aza/あざ(筒示明日香)』のブログ。

安心してください。あおそら、完結ですよ。

 
間に合いました!

昨日あおそらこと「あおの、そら。─ Limited blue. ─」に最終章「.キュウ / 養花天。」完全up、本編完結致しましたー!

ncode.syosetu.com

estar.jp

掲載開始から幾年。ああ言う結末になりましたが、お読みいただいている皆々様は如何でしたでしょうか。



元から結末の大筋は決まっていました。未読の方のため、多くは語りませんが。

他国間の戦争に他人事みたいにしている世界で、形だけの軍国化。最近ちょっと現実味を帯びた設定ですが、考えたのは遥か昔の十代でした。

“もし大戦が勃発しても、きっとこの国は戦争出来ないなー。だって養豚場や牧場のようだもの”と思った十代。

言い方は悪いですけど、私はこう思ってました。

先人が遺してくれた、負けたゆえに手に入れた平和。そこに、どっぷり浸かる戦争を知らない世代。

戦う必要が無いから、戦わない、この選択が出来るしあわせ。

そりゃあ小競り合いなんかはしょっちゅうでしょうけれども、大量に命が失われる事象は、終ぞ災害以外無い訳です(人災は災害に含む)

私も戦争は嫌いです。戦時の記録に触れるたび腹の底が冷える気がした。

多分恐怖だと思う。

だから、戦争しないのが一番で、でも世界情勢は変わりつつ在って。

香助と邑久が討論してましたよね。

力が在るから戦うのか。
戦わないために力が要るのか。

でも力が在ったら絶対争うし。
力が無ければ潰されるし。

難しいですね。

あおそらはそう言う戦況下に置かれた、一人の、生まれながらに補助を位置付けられた脇役気質の少年が、挫折する話です。

どっち付かずでいたら失うものが在って。
決めてもやっぱり失って。
それでも、と思いながら、更に失って。

最後には打ちのめされて涙目みたいな、そんな話。

未読の方で興味を持たれた方は是非。



私の作品はこんなんばかりやなぁ←

 

 

 

アクアラボ循環少年 (KCG文庫)

アクアラボ循環少年 (KCG文庫)

 

From深海定期報告携帯はこちら)を収録。出版社の書籍情報はこちら。現在好評発売中!続々購入報告ありがとうございます。現在Amazonの在庫切れ復活したようです。

ヤンデレストーカーの完結世界
ストリエ、セカイ系ストーリーコンテスト「君が壊すセカイ。」にて、ストリエ賞をいただきました。結果詳細。世界の終わりに、残されたのは俺とストーカー、ストーカーのまともな妹とそのストーカー。一応SF。

Garble mail
『超・妄想コンテスト第12回withまぐまぐ!』で、優秀作品に選ばれました!結果詳細。舞台は未来。『ドール』の執事、サリュに数年後の自分から文字化けしたメールが、毎年同じ日付同じ時刻に届くように。送信日時は、やがて刻一刻と現実に近付いて────私の悔恨だけが『真実』だ。

F l a t_フラット
第1回カクヨムWeb小説コンテスト参加中。子を作るのが絶対の世界で、子を孕むのを拒否した女性と、死者の代わりに生きた青年は出会った────SFロマンス。なろう版はこちら

光の眠れる者と目付きの悪いサラダ菜女。ストリエ版
ルルル文庫新人発掘コンテスト参加中。“塔に閉じこもった娘は外に出たがっているの”“輝ける人はずっと目覚めを待っている”────御伽噺に混じっている真実。「もう要らない」Rapunzel×The Sleeping Beauty